• トップ /
  • 介護用品のレンタルサービス

介護レンタルの事に関して

介護用品のレンタルサービス

介護用品レンタルの概要

介護保険制度を利用すると家庭で使用する介護用品をレンタルすることが出来ます。しかし、すべての商品が対象となるわけではなく、要介護度によって利用できる内容に違いがあります。サービスの内容と注意が必要なデメリットについて説明します。保険でレンタル対象となるのは、車椅子や特殊寝台、床ずれ防止用具、手すり、スロープなどです。手すりやスロープは要支援の人でも利用できますが、車椅子や特殊寝台、床ずれ防止用具は要介護2以上でないと利用できないというデメリットがあります。利用料金はレンタル料金の1割を自己負担します。一般的な車椅子の場合は毎月500円から700円くらいとなります。車椅子を購入する場合は約2万円前後となるため、長期に使用する場合は購入したほうが安い計算になります。デメリットのように感じるかもしれませんが、レンタルの場合は身体機能の変化や必要な介助量の変化に合わせて商品を交換してもらうことができるため、購入してすぐに使えなくなるリスクを減らすことができ、そのときの状況にあった商品が常に使用できるというメリットがあります。介護用品の中には衛生的な理由からレンタルには向かない商品もあります。ポータブルトイレなど排泄に関する商品などは保険を利用して購入することが可能となっています。

バックナンバー

介護の良い情報

↑PAGE TOP