• トップ /
  • 介護保険用レンタル用品の利用

介護保険制度のレンタル用品

介護保険用レンタル用品の利用

公的介護保険制度でレンタル

公的介護保険制度では、在宅の場合生活をする上で不自由さが生じることがあり、必要に応じて福祉用具のレンタルを利用することが出来ます。このとき、ケアマネジャーがその福祉用具の利用を認めなければなりません。なぜそのレンタル用品が必要なのかをケアプランに明記しなければならないこととされています。ただし、例外として車いすや特殊寝台などは、要介護2以上でないとそもそもレンタルの位置付けが出来ない制度に変わりました。平成18年度以降に軽度者への福祉用具を貸し出す際の条件が厳しくなった経緯があります。こうした特徴を踏まえて介護保険制度の利用を行うことが求められています。レンタルを利用する際に重要なポイントは、貸し出しを行う業者がしっかりとした対応を行うところかどうかです。介護保険制度で利用出来るものはその数も種類も豊富で、物品について洗浄などのメンテナンスをしっかりと行えるかどうか、事前に説明を受ける必要があります。貸したままでその後の利用者の状況確認を行わないなどの特徴がある事業所は、利用を避けた方が無難と言えます。このように介護保険制度でも必要に応じて利用出来るものもあるので、特徴をつかんで上手に利用を考えることが大切です。

バックナンバー

介護の良い情報

↑PAGE TOP