介護用品のレンタルと購入の違い

介護保険において、要支援か要介護の認定を受けた場合、そのサービスの一つとして特定福祉用具を購入したりレンタルする際に補助を受ける事が可能となります。レンタルするか購入するかは利用者が決定することが可能ですが、一部の用具についてはレンタルが行えないものがあります。それはポータブルトイレや入浴用品、尿器など肌が直接触れるもので、これについては購入する必要があります。 ベッドや車いす、手すり他、日常的な介護用品の大部分はレンタルが可能となります。これらは介護保険の認定を受けていない場合においても自費で利用が可能ですが、認定を受けた場合は原則として1割負担でサービスを受ける事が可能となります。また、認定を受けている場合には購入をする際には、指定を受けている特定業者から購入した場合、要介護度毎に設けられている毎月の上限額とは別に1ヶ月10万円を上限として購入費の補助を受ける事が可能です。このサービスを受けるためにはまず、購入時に10割全額を自己負担で支払う必要があります。その後、市町村役所へ必要書類を揃えて申請を行い、認められた場合に9割の払い戻しが行われます。原則として同一種目の用具は購入でないため、事前に確認が必要となります。

バックナンバー

介護の良い情報

新着情報

↑PAGE TOP